クレディ・スイスが経営難に直面 金融大手UBSが約4,300億円で買収

米シリコンバレー銀行の経営破綻が影響し、スイスの銀行クレディ・スイスが経営難に追いやられていました。16日時点では、危機が和らぐ兆候はほとんどなく、社債のディストレス状態は深く進行。

社債のデフォルトに備えるコストの上昇や、株価の下落などが相次ぎ、経営破綻のリスクが危惧されていました。

スイス国立銀行から最大500億スイス・フラン(約7兆1,800億円)を調達する用意があると発表したあと、株価は一時的に約40%上昇しましたが、その後上げ幅を半分以下に縮小し、19.2%高で取引を終えました。

経営難に追い込まれたクレディ・スイスは、社債最大約30億フラン相当を公開市場で買い戻す提案を行ったものの、世界のクレジット市場でパフォーマンスが再度最も低下し、重大な疑念を示唆する水準で取引されています。

クレディ・スイスの筆頭株主であるサウジ・ナショナル・バンクの会長は、「何も問題はない」と発言しました。しかし15日のこの発言により、クレディ・スイスはさらなる株価急落を引き起こします。

スイス金融大手UBSがクレディ・スイスの救済に合意

スイス金融大手のUBSは19日、経営難に陥っているクレディ・スイスの救済に合意しました。経営破綻を回避する目的で交渉が行われ、UBSが約30億スイスフラン(約4,300億円)で買収することで合意したと発表。

スイス国立銀行は、この合意は金融市場の信頼回復、そして経済へのリスク管理をするための最善の方法だと考えており、「この例外的な状況において金融の安定を確保し、スイス経済を保護するための解決策が見つかった」と述べました。

連邦政府はUBSのリスクを抑えるため、90億スイスフラン(約1兆3,000億円)の潜在的損失に対する保証を付与するとしており、加えてスイス国立銀行も、最大1,000億スイスフラン(約14兆円)の流動性支援を提供すると表明しています。

19日の合意によると、UBSはクレディ・スイス株を1株あたり0.76スイスフラン(約108円)で取得するとのことです。なお、買収は年内に完了する見通しです。

この件についてネット上では、「スイス三大銀行がここまで落ちたか」「UBSの買収がなければ、クレディ・スイスは確実に破綻していたな」「クレディ・スイスに拒否する選択肢はない」などの意見が寄せられています。今後のクレディ・スイスとUBSの動向に注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. OpenAIは現地時間3月29日、人の声を再現できる画期的な生成AIモデル「Voice Engine…
  2. 「子どもの医療費 その背後にある過剰医療と不要な受診」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子どもの健康と安全を守るために、多くのケースで子どもの医療費は「無料化」され、非常に手厚い国からの補…
  3. 東京地裁は18日、KADOKAWA、集英社、小学館の3大出版社が、かつて日本最大の海賊版サイト「漫画…

おすすめ記事

  1. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…
  2. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  3. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る