ライティングコンテスト特別賞作品

22年も生きていれば、新生活の節目も何度か訪れる。その度に育った地からは離れるもので、新しい場所では今までいた地域の話が盛んだ。「どこの出身ですか?」「地元は?」と聞かれるといつも答える場所には、実際数年しか住んでいなかったりする。

大学の英語の授業では「ホームタウン」についての発表がたびたび行われた。「ふるさと」についてである。自身が出身地としている場所も、事実上ホームタウンではあるが、心からのふるさとかと聞かれれば答えるのは少し躊躇われる。

自身にとってのふるさととはどこだろうか、とふと考えることがある。幼少期から複数回の引っ越しを経てしまえば、特段土地に思い入れもなくなるものだ。だからたまに、テレビ番組などで「ここで生まれ育ちました」と誇らしく地元の話をするお年寄りを見ると、自分には言えないセリフかもしれない、と自身の出身地を思う。

数年しか住んでいないとはいえ、何も説明ができないほどその土地に関して知識も関心も薄い。たとえば、その地域の病院で生まれ、赤ちゃんの頃から成長を共にした幼馴染みがいるというのは、どんな人生だったのだろう。自身の誇りが一つ増えるだろうか。とりあえずは、こんな些細な話題で変に考え込まずに済むのは間違いない。

生まれた地でそのまま大人になるまで過ごしたわけではないため、ふるさとと聞いて思い浮かぶ候補はいくつか出てきてしまう。生まれた場所、幼少期を過ごした場所、青春を過ごした場所、はたまた心のふるさと?ここで自分という人間が形成された、という場所が明確でないと、自分の土台がないようにも感じられて、なんだか寂しい気分になることもある。

いつでも帰っていい温かい場所、心の拠り所、老いた後過ごす場所。ふるさと、を表すには出身地という言葉では少し淡白だ。心も体もそこで育って、いつも頭の片隅にあるような。私は少し「ふるさと」に夢を見過ぎかもしれないが。

小学生の頃、引っ越し先で方言が違うことで揶揄われたことを思い出した。10歳前後。自身の使っていた言葉は「変」だと言われ、周りに合わせようと今までの方言をやめた。同じ日本語なのにここまで壁があるなら、なるほど外国語のコミュニケーションが難しいはずだ、と幼いながらに感じたのだった。では、同じ言葉や方言を使えばそこの人間になれるかと言われれば、それは違うらしい。住んでいる場所、期間、言葉、知識全て揃えればその場所を「ふるさと」と呼ぶ資格が手に入るのだろうか。

田舎の方の地域では人の移動も少ないもので、「よそ」から来たというだけで珍しがられたものだ。そんな地域では「よそ者」が地域をふるさとというには肩身が狭いだろう。私のように幼少期に引っ越しを体験した人は多いと推測されるが、そのような人々にとって「ふるさと」という言葉はあまりに難しい。

現在は両親が暮らす実家のある場所を「地元」と呼び帰る場所としているが、仮に実家が引っ越しをしたり両親が亡くなったりすれば、私はそこを「地元」と呼ぶ理由は無くなるのだろうか。他人に聞かれれば出身地を答えるが、そこで長く過ごしたわけでもないのだけど、と心の中では出身地の話を深掘りされないよう祈っている。各地で過ごした時間も数年ほどで、我ながら情けない話ではあるが地元にもさほど詳しくない。どの土地にも特別に思うことがないから、どこをふるさととしてもいいというのが正直なところだ。

ここがふるさとだ、と感じられる場所を決める必要もないと言われればそれまでだが、自分という人間のルーツを明確にしたいのは、若さゆえだろうか。この先人生を積み重ねていけば、やはりここがふるさとなのだなと振り返るものなのだろうか。そんな日が来るまでは、内心はまだ複雑なままだ。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 17日、離婚後も共同親権を可能にする改正民法が参院本会議で賛成多数により可決されました。これは、18…
  2. 米国のテクノロジー大手Googleは8日、生命活動の核心をなすたんぱく質やDNA、RNAなどの分子構…
  3. 花粉症が嫌われる理由は多くの人にとって明白ですが、意外な利点があることが最近の研究で明らかになってい…

おすすめ記事

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…
  3. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る