Metaが新SNS「Threads(スレッズ)」を提供開始 Android版も同時リリース

IT大手Metaは6日朝、新アプリ「Threads(スレッズ)」の提供を開始しました。予定より半日以上早く提供が開始され、Android版も同時に公開されました。

利用にはInstagramのアカウントが必要で、Twitterのようにフォローしたユーザーの投稿がタイムラインに流れます。また、スレッズは文章ベースの対話アプリであり、最大500文字のテキストや最大5分の動画を含む投稿が可能です。

投稿したテキストが500文字を超えると別投稿に自動分割されるほか、プロフィールの非公開、メンション可能な人の設定変更、他ユーザーのミュート、特定の言葉を含む投稿の非表示などの機能も搭載されています。

スレッズの提供は既に100ヶ国以上で始まっており、その普及スピードはさらに加速しています。MetaのCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏は「スタート2時間で利用者が200万人を超えた」と明らかにしました。

スレッズで特に注目されているポイントは、閲覧制限で混乱が続くTwitterの代替としてどれだけ普及するかという点です。SNS上では、「Twitterユーザーとの相性は悪そう」「商業利用禁止で詰んでいる」「使い勝手はよかった」など、さまざまな意見が上がっています。

Twitterの閲覧制限はなぜ起きた?批判殺到の理由

Twitterでは日本時間の7月1日から、ツイートの閲覧制限が設けられました。閲覧の上限に達すると、API呼び出しの回数制限を超えたというメッセージとともに、ツイートが表示されなくなります。

Twitterを率いるイーロン・マスク氏は2日、大量なデータ収集やシステム操作に対処するため、一時的に制限を設けると発表しました。そして、2日当初は「認証済みアカウントは1日あたり6,000投稿、未認証アカウントは1日あたり600投稿、新しい未認証アカウントは1日あたり300件投稿」を上限にするとツイート。

その後は、それぞれ1万投稿、1,000投稿、500投稿に変更されています。予告なしに行われたTwitterの閲覧制限により、SNS上では「Twitterオワコン」「別のSNSに移動しなくては」「イーロン・マスクやってくれたな」などの声が上がり、「mixi」や「misskey」への移動が検討されました。

その移動先の1つとして注目されたのが、今回Metaが発表したThreadsスレッズ)です。今後、Threads(スレッズ)がどのような評価を受けるのかに注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. LINEヤフーとLINE Payは、日本国内における「LINE Pay」のサービスを2025年4月3…
  2. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. キリンホールディングス(HD)は、健康食品大手のファンケルを約2,100億円で買収し、年内にも完全子…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 2023-11-1

    米津玄師「KICK BACK」がアメリカレコード協会からゴールド認定 39年ぶりの快挙

    シンガーソングライターの米津玄師氏(32)が手掛けた楽曲「KICK BACK」が、8月にアメリカレコ…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る