スシローが常時回転ずしサービスを再開中止 「すしが流れる形はなくなる」

FOOD&LIFE COMPANIES(F&LC)は10日、運営する人気回転ずしチェーン「スシロー」で、商品を常時レーンに流すサービスを再開しない意向を公表しました。来客による迷惑行為を受け、2月以降注文商品のみをレーンに流す方式に変更していましたが、今後もこの方式を継続する見通しです。

同社の水留浩一社長は、同日都内で開催された記者会見にて「過去のように注文なしにすしが流れる形はなくなる」との見解を示しました。それに続けて、「レーンにすしが回っている世界を何らかの形で残せないのかという思いは強い」と述べ、新サービス「デジロー」を紹介しました。

これは、9月から一部の店舗でスタートしているサービスで、大型ディスプレイに映し出されるすしが流れる様子を再現し、客がそれを見ながら注文できるというものです。今後はこのサービスを広げていく考えを示しました。

スシローは1月に、SNS上で来店客が不適切な行動をとる動画が拡散され、客席とレーンの間にアクリル板を設置するなどの対策を講じています。この新たな取り組みにより、来客の安全と衛生を確保しつつ、回転ずしの新たな魅力を提供する方針です。

またF&LCは同日に、売上高に占める海外事業の比率を3年後には現在の2割から4割に増やすと発表しました。海外の店舗数も、現在の約3倍の400店超えを目指すとのことです。

同社から発表された2023年9月期決算(国際会計基準)では、売上高が前年比7.3%増の3,017億円、営業利益は8.7%増の110億円、純利益は2倍を超える78億円でした。

スシローは以前に回転レーンの提供再開を表明 再開叶わず

スシローは以前、客に未注文の寿司を回転レーンで提供するサービスを、今夏を目処に再開すると表明していました。しかし、10日の記者会見での発表に伴い、このサービスの再開は中止となりました。

当時、同社の水留浩一社長は「(多彩な寿司を)流している方が活気がある」と述べ、サービスの再開に対する意欲を示しています。スシローは食品ロス削減の一環として、「レーン限定」のネタを店内アナウンスで提供し、エンターテインメント性とSDGs(持続可能な開発目標)の両立を図る方針でした。

具体的には、レーン限定の希少部位をアナウンスするほか、余った部位を集めた軍艦などを想定していたとのことです。水留浩一社長は「レーンに流して意味のあるものだけにしたい」と強調していました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 神戸須磨シーワールドグランドオープン
    2024年6月1日(土)、西日本初となるシャチのパフォーマンスを楽しめる水族館「神戸須磨シーワールド…
  2. 「「過保護」と「過干渉」子どもに及ぼす悪影響とその対処法」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育て中のみなさんは「過保護」や「過干渉」になっていませんか?子どものためと思ってやっていることが「…
  3. 「子どもの自律訓練法 不安緊張やストレスの緩和に有効なトレーニング子どもの自律訓練法 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    心と体をつなぐ神経と言われる自律神経は、興奮したり、ストレスを感じたりした時に優位になる交感神経と、…

おすすめ記事

  1. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  2. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  3. 2024-5-15

    大阪王将のナメクジ大量発生事件 元従業員が偽計業務妨害罪で起訴

    2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る