既婚男女、4人に1人がマッチングアプリでの出会いがきっかけ 前年に続いて首位を獲得

明治安田生命保険が実施した調査によると、1年以内に結婚した人のうち、4人に1人がマッチングアプリでの出会いがきっかけだったことが明らかになりました。この調査は既婚男女約1,600人を対象に行われ、マッチングアプリと職場の出会いが同率で首位となりました。

特にマッチングアプリによる出会いは、2022年の調査で初めて首位(22.6%)になり、今年はその割合がさらに増加しています。出会いのきっかけに関する質問では、「マッチングアプリ」と「職場の同僚・先輩・後輩」がそれぞれ25%で最も多く、次いで「友人・知人の紹介」が13.5%、「学校の同級生・先輩・後輩」が9.4%、「婚活パーティー・婚活イベント」が7.3%でした。「見合い」「ナンパ」はそれぞれ1.0%でした。

マッチングアプリ利用者の動機としては、「手軽に出会うことができる」「職場に出会いがない」「好みの相手を選ぶことができる」という理由が上位に挙げられました。年代別では、マッチングアプリは20代で最も人気があり、30代でも2位を記録しています。

新型コロナ禍の外出制限やテレワークの影響により、「職場の同僚・先輩・後輩」との出会いが減少しています。結婚から1~2年の夫婦では13.3%でしたが、1年以内の夫婦では11.7ポイント増加しました。

この調査は10月12日から16日にインターネットで実施され、全国の20~79歳の既婚男女1,620人から回答を得ました。ネット上では、「米国ではもはや半数の結婚がネット経由で日本も近づきつつある」「マッチアプリは確かに理に適ってると思う」「マッチングアプリすげーって評価はナンセンス」など、さまざまな意見が寄せられています。

マッチングアプリ利用のきっかけは「友人の勧め」が多数

ナイル株式会社が行った調査により、20~40代の男女673人のマッチングアプリ利用に関する動向が明らかになりました。「マッチングアプリを利用した友人の勧め」が利用開始の最も多い理由として挙げられました。

次いで「テレビCMやインターネット広告を見て」と「理想の相手を効率良く探したい」という理由が上位に並んでいます。マッチングアプリ利用に対する意識に関しては、「現代の出会い方として当たり前だと思う」と答えた人が38.5%で最も多く、次いで「本当は別の方法で出会いたいが、仕方なく」と感じている人が30.3%でした。

また、「周りの人には知られたくない」と感じている人は19.2%、「周囲の人達の反応が気になる」という回答も4.8%ありました。この調査は11月にインターネットを通じて行われ、20代238人、30代227人、40代208人から回答を得ています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 三菱商事が、所有する「ケンタッキーフライドチキン」を運営する日本KFCホールディングスの全保有株式の…
  2. 新興企業ニューラリンクの創設者であるイーロン・マスク氏は2月19日夜、人間の脳内に超小型デバイスを埋…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「AIは地方をどう変えるのか」(ライター:ケ…

過去よく見られている記事

  1. 新宿矯正展

    2023-8-30

    新宿矯正展とは?刑務所で作られた製品が多数販売!主催の府中刑務所についても紹介

    2023年8月3日(木)〜9日(水)にかけて、およそ3年ぶりに新宿矯正展が開催されました。現地の様子…
  2. 一般社団法人Colabo 代表・仁藤夢乃氏の裁判

    2024-1-23

    一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏「支援を必要とする女性がいる」裁判での弁論(2024年1月23日)

    2024年1月23日14時から、原告である一般社団法人Colabo代表である仁藤夢乃氏から、被告であ…
  3. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る