Googleがエピック・ゲームズに敗訴 連邦地裁が反トラスト法に違反すると判断

米Googleがエピック・ゲームズに敗訴しました。米カリフォルニア州の連邦地裁は11日、Android搭載スマホ向けアプリの販売・決済をGoogle Playが独占していることが反トラスト法(独占禁止法)に違反していると判断しました。陪審は全員一致で、エピック・ゲームズ側の訴えを認める評決を下しています。

エピック・ゲームズは、AppleとGoogleのアプリストアの手数料の慣習を以前から批判していました。今回の判断は、グローバルな規制当局や議員から非難されているアプリストアのルール見直しを加速する出来事になると見られています。エピック・ゲームズのティム・スウィーニー最高経営責任者(CEO)は、「ドミノ倒しはここから始まるだろう」と述べています。

Appleは2021年に、エピック・ゲームズと同じような訴訟で勝訴していますが、今回の訴訟では消費者が直接アプリストア市場について議論しました。陪審はGoogleの反競争的行為を認定し、エピック・ゲームズに対する損害を認めました。

ネット上では、「めちゃくちゃ大きなニュースだ」「Appleもgoogleストアも手数料が高すぎる」「Googleはちょっと調子に乗りすぎ」などの意見が寄せられています。

AppleとGoogleで最大30%の手数料|Googleは上訴する方針

2020年に始まったエピック・ゲームズとApple、Google間の法廷闘争は、アプリストア市場の手数料の慣習に焦点を当てています。エピック・ゲームズが独自の決済システムを導入した「フォートナイト」は、App StoreとGoogle Playから削除され、これに対してエピック・ゲームズは両社を提訴しました。

AppleとGoogleはそれぞれのプラットフォームで最大30%の手数料を課しており、エピック・ゲームズはこれを問題視しています。特にGoogleは、特定の大手アプリ開発元により低い手数料を提供していることも批判の対象となりました。

11日の判断では、GoogleのAndroid向けアプリ開発者に対して、自社の課金システム利用を義務付けるべきではなく、特定の開発者に特別な契約を提供すべきでもないとされました。

テクノロジーと反トラスト法を専門とするポール・スワンソン氏は、今回の判断について「直接的な影響として、大手ハイテク企業は開発者に対してマーケットプレイスのアクセスや条件、選択肢を改善するなど修正を図る必要があり、変化を目にすることになるだろう」とコメントしています。

一方、エピック・ゲームズのティム・スウィーニーCEOは、「エコシステムから30%の税金がなくなれば、消費者価格は改善され、あるいは品質が向上し、選択の幅が広がる」と述べています。Googleは上訴する方針で、Appleはコメントを控えています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「AIは地方をどう変えるのか」(ライター:ケ…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「ばぁば、AIがなかったころのお話を聞かせて…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「AIとコールドスリープ」(ライター:ネ…

過去よく見られている記事

  1. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様

    2024-2-4

    協力雇用主として出所者の再スタートを支援する有限会社ローズリー資源の挑戦

    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
  2. 新宿矯正展

    2023-8-30

    新宿矯正展とは?刑務所で作られた製品が多数販売!主催の府中刑務所についても紹介

    2023年8月3日(木)〜9日(水)にかけて、およそ3年ぶりに新宿矯正展が開催されました。現地の様子…
  3. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る