ウクライナのザポリージャ原発で複数の爆発 双方が「相手国がやったこと」と主張

19日から20日にかけて、ウクライナのザポリージャ原発にて大きな爆発が相次ぎました。原発に常駐しているIAEAの専門家は、20日朝の短い時間に12回以上の爆発音を聞き、窓から一部の爆発を確認したとのことです。

この爆発により、放射能流出や電力不足などの問題が懸念されています。ウクライナとロシアは互いに「相手国がやったことだ」と主張していますが、IAEAのグロッシ事務局長は「誰の行為であろうと、いますぐ砲撃をやめなければならない」と訴えています。

IAEAは原発の管理者からの情報として、原発の敷地内の建物やシステム、装置の一部に被害が出ていると伝えました。ただ、いまのところ重大な問題は起きておらず、死傷者の報告もないとしています。

両者は互いを非難しており、ウクライナ側はロシア軍がウクライナ国民への電力供給を妨害しようとしていると語った一方、ロシア側はザポリージャ原発で起きた爆発はウクライナ軍による砲撃の結果だと述べています。

ロシアの攻撃によりウクライナ全土で緊急停電を実施

23日、国内インフラ施設が広範囲にわたってロシアの攻撃を受けた影響もあり、ウクライナの国営電力会社ウクルエネルゴは、全土で緊急停電を実施したと明らかにしました。

ウクライナのエネルギーインフラは10月中旬以降、繰り返しロシアの攻撃を受けており、深刻な損傷が出ていると報じています。これ以上の技術的な問題を防ぐために緊急停電が必要であった、とウクルエネルゴはFacebookで説明しました。

また、23日の攻撃では首都キーウで複数の爆発音が聞かれたとクリチコ市長らがコメントするなど、インフラ施設の被害を訴えています。この問題について、ウクライナ大統領府のティモシェンコ副長官は、「ロシアのテロリストがウクライナのエネルギー施設を破壊しようとしている」と述べました。

ロシア軍による全土への攻撃に対し、ネット上の著名人は「民間人を狙う攻撃は非人道的である」「ロシア軍は暗闇と極寒に陥れようとしている」などとコメントしています。

なお、アメリカ国防総省は23日、これまで実施したウクライナへの軍事支援の総額を公表しました。この公表によると、2月にロシアによる軍事侵攻が始まって以降、総額で約190億ドル(約2兆6,000億円)の軍事支援を行っていたとのことです。

また、国防総省は「アメリカはウクライナの自衛のための追加の能力を供与するため、同盟国などと取り組みを続ける」と、軍事支援を継続する姿勢を強調しました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…
  2. 「初期臨床研修医は平均年収435万円 研修医の平均年収と医師の働き方改革2024 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師の世界も2024年4月から厚生労働省による「働き方改革」が施行されました。医師の「働き方改革」と…
  3. 俳優の中尾彬氏(81)が心不全のため、5月16日に亡くなりました。妻である池波志乃氏が、所属事務所の…

おすすめ記事

  1. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  2. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る