テスラの時代がついに到来?米加州年間販売でトヨタを抜いて初のトップに

高度な運転支援機能を搭載する電気自動車「Tesla(テスラ)」の時代が来ています。業界団体のカリフォルニア新車販売店協会が公表したリポートによれば、同州の2022年販売台数でトヨタ自動車の「RAV4」と「カムリ」を上回り、テスラのスポーツタイプ多目的車(SUV)「Model Y」とセダン「Model 3」がトップ2に躍り出ました。

「Model Y」の販売台数は8万7,257台、「Model 3」は7万8,934台でした。その一方で、トヨタのSUV「RAV4」は5万9,794台、セダンの「カムリ」は5万5,967台であり、トヨタに大きく差をつけました。テスラ車がカリフォルニア州の年間販売台数でトップに立つのは今回が初めてです。

なお、2021年のトップセラーは「カムリ」であり、テスラの「Model Y」は2位で、次点でホンダの「シビック」、「RAV4」、「Model 3」と続いています。市場シェアでは、トヨタが17.3%で首位を維持し、テスラは11.2%で2位でした。

ネット上では、「テスラの時代が来るのか」「電気自動車に関してはテスラにかなり差をつけられてしまった」「さすがのトヨタも電気自動車から目を背けることはできないだろう」などの意見が飛び交っています。

テスラの「Model Y」と「Model 3」の魅力

日本向けの「Model Y」には、デュアルモーターAWDを採用した最上級の「パフォーマンス」と、エントリーモデルの「RWD」からなる2種類のモデルが用意されています。「RWD」のエントリーモデルでも、最高速度や走行性能などのパフォーマンスは、他社を圧倒するほどの実力を有しています。

一方、テスラの「Model 3」には、デュアルモーターAWDを採用した「ロングレンジ」と「パフォーマンス」、エントリーモデル「RWD」の3つのモデルがあり、金額は5,369,000〜7,149,000円がベースです。

どちらの製品も電気で動く自動車(EV)であり、内装・外装ともにシンプルかつスタイリッシュ。一応「コンパクト」クラスではあるものの、車内には開放的な空間が確保されています。

また、一般的な自動車にあるメーターパネルが省かれており、運転席周辺にはハンドルとタブレット型スクリーンがあるだけです。完全なる自動運転ではありませんが、高度な運転支援機能が搭載されていることから、ほかの自動車に比べて運転中のストレスを感じにくいのが特徴です。

これから行われるテスラのアップデートで、完全自動運転に一歩近づくと期待されています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「「過保護」と「過干渉」子どもに及ぼす悪影響とその対処法」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育て中のみなさんは「過保護」や「過干渉」になっていませんか?子どものためと思ってやっていることが「…
  2. 神戸須磨シーワールド 公式テーマソングLIVE
    2024年5月30日(木)に、神戸須磨シーワールドの関係者およびメディア向けに、シンガーソングライタ…
  3. DMM.comグループの暗号資産交換業者であるDMM Bitcoin社は5日、グループ内から550億…

おすすめ記事

  1. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…
  2. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る