ウォーレン・バフェットが日本株の投資拡大意欲を示す 株式保有率を各7.4%まで高める

世界的な投資家であるウォーレン・バフェット氏は11日、東京都内で朝日新聞の単独インタビューに応じました。このインタビューによると、「信頼できる経営陣と、我々が理解できるビジネスを探している」と発言し、日本での投資拡大の意欲を示しているとのことです。

ウォーレン・バフェット氏は投資先企業との面談などのために来日しており、日本の5大商社への投資について、株式保有率をそれぞれ7.4%まで高めたことも明かしました。

日本の5大商社への投資に関しては、ウォーレン・バフェット氏が90歳を迎えた2020年8月30日に、発行済み株式のそれぞれ5%超を取得したと発表しています。日本への本格的な投資は、それが初めてだったとのことです。

2022年には商社株を買い増し、それぞれ6%超にまで高めたことを発表。さらに9.9%まで保有比率を高める可能性があることも示しています。市場では、ウォーレン・バフェット氏が日本企業の可能性をどう評価するのかに関心が高まっています。

そもそもウォーレン・バフェット氏とは?

ウォーレン・バフェット氏は、「投資の神様」と呼ばれているアメリカの投資家です。長期間にわたり高い運用実績を残しており、その実績は1964~2018年の54年で約10,900倍のリターンがあると言われています。

また米誌フォーブスによれば、2023年4月9日時点での個人資産額は1,097億ドル(約14.5兆円)で、世界6位の大富豪であるとのことです。資産の大半は、慈善事業に寄付しています。

ウォーレン・バフェット氏の投資手法はとてもシンプルで、決して難しい運用をしているわけではありません。彼の投資手法は主に以下の2点です。

  • 長期で株式を保有すること
  • 優良な株式を安く購入すること

じっくりと見据える長期投資が基本であり、売ることを前提としない投資手法を取ることがほとんどです。ウォーレン・バフェット氏は、「経営者が有能かつ誠実で、さらにマーケットがその企業を過大評価しないかぎり、無期限で持ち続けることは正しいことなのです」と語っています。

今回、ウォーレン・バフェット氏が日本での投資拡大に意欲を示したことで、日本企業の多くが彼の行動に注目を寄せました。ネット上では、「バフェットが日本株に意欲を示しているのは良いこと」「投資一本という姿勢はシンプルにすごい」「バフェットが買った株は安泰だ」などの意見が飛び交っています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 衆議院東京15区補欠選挙で選挙妨害を繰り返したとして、政治団体「つばさの党」の代表ら3人が公職選挙法…
  2. DMM.comグループの暗号資産交換業者であるDMM Bitcoin社は5日、グループ内から550億…
  3. 「「過保護」と「過干渉」子どもに及ぼす悪影響とその対処法」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育て中のみなさんは「過保護」や「過干渉」になっていませんか?子どものためと思ってやっていることが「…

おすすめ記事

  1. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  2. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  3. 2023-11-16

    「横浜刑務所で作ったパスタ」3,500食が矯正展で完売 受刑者が残業するほどの人気に

    11月の3連休に開催された「第51回横浜矯正展」で、横浜刑務所製のフェットチーネ麺が脚光を浴びました…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る